ミドルサイズSUV

ミドルSUVのモデルを評価する際に、重要なポイントになるのが、車体サイズとキャビンスペースのバランスだ。市街地走行や駐車場での取り回し、日常用途での使い勝手も悪くないサイズ感を持ち、 積載性や多用途性を盛り込んだユーティリティが確保されていることが望ましい。

さらにエクストレイルと国内市場に復帰したばかりのCR−Vには3列シート車も設定されるなど、今後は多人数乗車に対応できることもポイントになるだろう。 走りはもちろんのこと、キャビン&ラゲッジ周りにもマルチユーティリティが求められるわけだ。

その点を考慮すると、2列シート使用のみというフォレス ターとCX-5は車体サイズに比べてキャビンスペースは明らかに狭い。フォレスターはフロアやシートに防水素材を用いたアウトドア志向を考慮するグレードも 選べるが、そういった面でもCX-5は消極的だ。

パワートレーン展開は、エクストレイルとフォレスターがガソリンとハイブリッド、CX-5はガソリンとディーゼルターボ、CR-Vはガソリンターボとハイブリッドと、複数のユニットから選べる。

ハイブリッドは市街地用途での燃費の良さが長所になるが、高速域では動力性能のゆとりや燃費面で、CX-5のディーゼルが一歩リードしてくる。 安全&運転支援は制御の巧みさなどで若干の差がある。

総合的な出来の良さではCX-5とCR-Vが若干劣るが、4車とも決定的なマイナス要素はなく、ACCやLKAなど次世代標準と なる機能は揃っている。ただし、エクストレイルはグレードによって装着ができないケースも出てくる。

もはや先進安全装備は標準装着がマストになりつつあるだけに、この点は残念に感じる。

日産エクストレイル

デザインも装備もプレミアム感を求めるユーザー向けではありません。 動力性能も必要十分のスペックはありますが、ライバル車と比べてしまうとやや見劣りしてしまう。

ただし、機能性に優れるACCとLKAが備わるなど、先進安全装備はトップクラス。 高速長距離での使い勝手の良さは大きな武器になっている。 キャビン&ラゲッジもアウトドアユースを考慮した設計。

大きなアドバンてーじになるウロパイロッを装着した3列シートの4WD車は約300万円とコスパ面も優秀だ。 ライバル車に比べて値引き額も大きくて使って元を取るユーザーには最適です。エクストレイル 値引き 相場

マツダ CX-5

cx-5の最大の強みは、カテゴリ唯一となるディーゼルターボ車の存在です。 低速域から力強く盛り上がる分厚いトルクは、高速走行時で進化を発揮する。 その余力と燃費の良さはライバル車に対して大きなアドバンテージ。

フットワーク性能も秀でており、高速道路や山岳路でも扱いやすく、スタビリティも高い。 安心して走ることができます。 キャビン&ラゲッジのユーティリティを求めるユーザーにはお勧めしにくいが御アンドラフロードツアラーとしては一流です。

ミドルSUV

SUV車種

Copyright (C) 2007-2018  ミドルサイズSUV  All Rights Reserved.